いっせーの,ライフオーガナイズ生活

kerorians.exblog.jp

子宮腺筋症のこと(その3)~MRI検査終了

前回(その2)からの続きです。
(その1)はこちら

(自分の考えの整理と記録のために、子宮腺筋症と子宮摘出手術に関連する記事を書いてみることにしました。不定期で続くと思います。興味のない方は、スルーしてくださいね。)

手術を受ける前提で紹介状を持って診察し、今後の方針が定まりました。
同時に、検査日程と次回の診察もてきぱきと予約してもらえました。

まずは日を改めて、MRI検査に臨みました。
前回同じ箇所を検査したのは、不妊治療中だった6年前で、その画像も紹介状に同封されてはいましたが、今回の手術にあたり検査が必要だとのことでした。

造影剤を血管に入れることの副作用の説明は事前に終わっており、
造影剤のためのルートを確保してもらいます。
看護師さんが、とても丁寧に血管を選んでくれました。
・・・というか、ちょうどよい血管がなかなか見つからない様子でした。
かつての24時間×4か月の点滴生活を思い出し、気長に待ちました。
無事、針はおさまり、固定してもらい、検査室へ。

横たえられてから、
・30分かかります
・音がうるさいけれど辛抱してくださいね
・気分が悪くなったらこのボールをぎゅっと握ってくださいね
と説明があり、
その後まもなくうとうと・・・
確かに音は大きかったのですが、ちょっと遅めの昼寝のような時間でした。
自分の鈍感力に感謝しました。

最後の5分間は、造影剤を入れてさらに撮影。

婦人科外来に戻って針を外して終了でした。


さて、来月上旬にこの日の検査結果をふまえて診察があり、ひとまずの手術日程を決めることになります。

それまでに私がしておくことは、
・6月と7月の仕事と家族の予定をチェックしておくこと
・職場の上司や同僚に見込みを伝えておくこと
ここまでは医師からの指示。

あとは、やっておいたほうがよいと自分が思うことが以下のとおり。
・今から仕事を少しずつ前倒しでやっていく(今は遅れ気味・・・)
・家の中のオーガナイズを淡々と進める

来月の最初の週末は、こども達が大好きな年上のお友達の家族が遊びに来てくれるので、
楽しみな予定を目の前のニンジンのようにぶら下げて、やってみます。

by green_kerorians | 2017-01-28 06:00 | からだのメンテナンス | Comments(0)