いっせーの,ライフオーガナイズ生活

kerorians.exblog.jp

引き続き、手放したもの。

こどもたちが「赤ちゃんではなくなった」ので、手放したモノの続きです。

抱っこひもを手放しました。
体重12キロまで使えることになっているものですが、
とっくにその体重を超えて1年以上・・・
ずっと部屋の隅に置きっぱなしでした。

もらってくれる人を探すとか、リサイクルショップに持っていく、などの手段も考えましたが、オットと相談の上、処分することに決めました。
安全第一、が決断の決め手でした。
1人でおんぶと抱っこで使う、とか、通園時に椅子型のそりに乗せるときに背もたれに固定する、とか、通常の使い方以外でも便利に使い、抜群の安定感ではあったのですが、2年ちょっと酷使しましたし、リユースしてもらった場合にもしもの事故があっても保証がありません。
これは赤ちゃんの全体重を預けるものなので、洋服のお下がりのようには譲れないかも、と考えたのです。

処分する前、最後に、1人ずつ抱っこしてみました。
「抱っこひも、明日でバイバイするから、ちょっとだけ抱っこしてみるよ」と説明して。
背当ての布は腰のちょっと上くらいまでしかカバーされず、
本人たちもなんだか照れくさそう。
ほんとに、ほんとに、大きくなったんだね。

親だけが、ちょっと感傷的になりましたが、またひとつ、赤ちゃん時代のモノとお別れしました。
今回は少し迷ったケース。もっと良い選択肢があったのかもしれません。
そのモノをどうしようか迷う時間と、そのモノとお別れして部屋が少しすっきりするメリットと。
自分の考えを整理して、オットの意見も尊重しながら、進めていきます。

d0159188_05340689.jpg

by green_kerorians | 2016-02-15 06:00 | 「モノ」のオーガナイズ | Comments(0)