いっせーの,ライフオーガナイズ生活

kerorians.exblog.jp

来年の年賀状のために。

2015年が明けました。
家族揃って元気に年を越せたことに、感謝です。

「寝ないよー?」と言い続けて自分の限界に挑戦する息子を寝かしつけながら、
毎年のお楽しみ「ゆく年くる年」は夢うつつで見逃してしまい、少々消化不良な年越しでした。

元旦は、最初に起きだして、白湯を飲みながら「ロングターム・ゴール」を考えることにしました。
仕事についての10年後、3年後、1年後、こうなっていたい!という目標の原案までまとめました。
時間的に全部は無理でしたが、考えることを始めたことに満足。
いつもとは違う1年の始まりにできた気分です。
正月休みの間に、ほかのテーマについても考えようと思います。

元旦、2歳児としては驚異的な夜更かしをした子ども達も、
意外とそこそこの時間にすっきりした顔で起きてきて、
のんびりお雑煮を作り、おせちを並べて、遅めの朝食。
黒豆がなかなかの人気でした。
d0159188_6473331.jpg


・・・ここからが本題。
いつもとは違う1年にしようと、元旦に私がした、もうひとつのこと。
年賀状用の住所録の整理です。

年賀状を見るのはお正月の楽しみですが、
友人が転居したことが年賀状でわかることも多いですね。

私は年賀状の宛名を手書きしたいので
住所録をエクセルで作っておき、プリントアウトを見ながら宛名書きします。
この住所録、いつもは年末も押し迫ってから年賀状を作る際に慌てて更新することが多く、
前回の年賀ハガキ、その年中に届いた転居や転勤の挨拶はがき、
喪中ハガキなどを家中からかき集めて・・・なんてこともしょっちゅう。
今年もそんな感じでした。
しかも住所録の最終チェックをしないまま宛名書きを見切り発車で始めてしまい、
書き終えて投函してから何気なく前回の年賀状を見ていたら、
知人の転居を数件見落としていたことに気付き、慌てて新住所に出しなおす始末。

次回はそんなことがないようにしたい!とパソコンに向かい、
ものの20分ほどで出来上がりました。
2日以降ちらほら届く年賀状の分については、その都度すれば数分でできるでしょう。

今までやっていなかったことを今年はできたので、
気持ちのすっきり度が前年比2割増しくらいになりました。

そもそも、私は子どもの頃から年賀状を書くのが大好きでした。
小さい頃は、一枚一枚本文は手書き、挿絵も付けて色を塗って・・・
中学生くらいから、自分でデザインしてプリントゴッコで印刷して・・・
結婚後はパソコンで写真を沢山盛り込んで・・・
枚数も、どんどん増えて、150枚を越えるほどに。
それが、ここ10年ほど、いつもぎりぎりに作って、宛名書きも苦行のようになってしまって
添え書きも省きたくないけれど、やっつけのようになってしまって。

ということは、早めに準備ができていれば、年末の楽しい行事になるはずなのです。
住所録の準備ができている、と思える状態になっただけでも、
まずは次回の年賀状づくりを楽しくできるスタートになったな、と満足。

ハードル低すぎかもしれませんが、低いハードルでもまずは越えることが大事だと思って、
この一年、自分の設定したハードルを越えるのが楽しみになるようにやっていきたいです。
by green_kerorians | 2015-01-02 06:51 | 「情報」のオーガナイズ